四大奉仕部門

ロータリーの四大奉仕部門は、ロータリークラブの業務の哲学的および実際的な基準です。

クラブ奉仕 Club Service

ロータリーの第1奉仕部門。クラブの機能を充実させるために、クラブ内会員が取るべき行動です。

職業奉仕 Vocational Service

ロータリーの第2奉仕部門。事業および専門職務の道徳的水準を高め、あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理想を生かしていくという目的を持ちます。会員の役割には、ロータリーの理念に従って自分自身を律し、事業を行うことが含まれます。

社会奉仕 Community Service

ロータリーの第3奉仕部門。クラブの所在地域または行政区域内に居住する人々の生活の質を向上させるために、時には、他の人々と提携してロータリアンが行うさまざまな活動から成ります。

国際奉仕 International Service

ロータリーの第4奉仕部門。国際理解、親善、平和を推進するために、会員が行う活動から成ります。このような推進は、読書や文通、さらには他国の人々を助けるクラブのあらゆる活動やプロジェクトに協力することを通じて、他国の人々とその文化、慣習、業績、願望、問題に対する認識を培うことによって行われます。