日本のロータリーの歩み

日本のロータリークラブは、1920年(大正9年)10月、その頃の三井銀行重役米山梅吉氏が、国際ロータリーから委任されて、東京に設立したのがはじまりで、世界で855番目のクラブでありました。続いて1922年大阪、次に神戸、名古屋、京都、横浜に、また当時日本の統治下にあった朝鮮、台湾、さらに満州国にも設立され、昭和15年には48クラブ、2,000名の会員を数えるまでになりました。

ところが太平洋戦争直前の昭和15年には国際団体に対する圧力がロータリーにもおよび、ついに日本のロータリーは国際ロータリーから一時脱退しなければならなくなりましたが、戦時下にあってもその精神と組織は失われず、例会は続けられ、戦後の平和回復とともに、国際復帰を目指す努力が実って、1949年(昭和24年)3月、東京、大阪をはじめ7クラブが国際ロータリー復帰を認められました。

以来めざましい進展をつづけ、北は稚内、南は沖縄、サイパン、グアム、ミクロネシア、マリアナまで実にクラブ数は2,300を超え会員数も約10万名余に達しようとしています。現在なお、日本のすべての都市、すべての町にクラブができるよう努力が続けられています。

これは、すべての会員が、住みよい世の中を目指してロータリーの奉仕の理想を広めようとの、強い願いのあらわれにほかなりません。