ロータリーの誕生とその成長

1905年当時のアメリカは経済恐慌で人心はすさみ、犯罪は巷に満ちているというありさまでした。これを憂えたシカゴの一青年弁護士ポールP.ハリスは、よい社会をつくるためには、人の和を図り、世の中に奉仕する気持を多くの人が持つようになることが大切だと考え、ポール・ハリス自信それ以前数年間、想いを練り、まず石炭商シルベスター・シール、鉱山技師ガスターバス・ローア、洋服商ハイラム・ショーレーの3人の友人と語らい、2月23日、この理想を広く人々に呼びかけるための第1回の会合を持つに至りました。

はじめ数ヶ月は非公式にブースター・クラブ(ブースターとは向上させるの意)と呼んでいましたが、さらに印刷業界のハリー・ラッグルズをはじめ、他の友人が加わってシカゴロータリークラブの誕生となりました。 ロータリーとは、集会を順番に、会員が各自の事務所で持ち回って開くことから名付けられました。

この理想は着々と実現され、1908年2番目のクラブがサンフランシスコにつくられ、以来次々と各地に生まれ、1910年には国内クラブ数16を数えるまでになり、さらに国境を越えてカナダ、英国へと国際的広がりをもって発展し、ここにロータリー国際連合会ができ、1922年には国際ロータリーと呼ばれることになったのです。

そうして、今では、世界200ヵ国の地域に広がり、地区数532、クラブ数約32,747、会員総数は約122万名以上になりました。(2007年9月のデータ)

このように、歴史的に見ても、ロータリーとは職業倫理を重んずる実業人、専門職業人の集まりなのです。その組織が地域の隅々まで拡大するにつれて、ロータリーは世界に眼を開いて、幅広い奉仕活動を求められるようになり、現在は多方面にわたって多大の貢献をしています。